2024.07.05 「相手の言葉や感情を真剣に聞く」

第5の習慣「まず理解に徹し、そして理解される」は、共感的傾聴によって信頼関係を築くための重要なスキルです。


「7つの習慣」の第5の習慣は、「まず理解に徹し、そして理解される」です。この習慣は、他人との信頼関係を構築する上で非常に重要なスキルです。共感的傾聴を実践することで、誤解を防ぎ、より深い理解を得ることができます。

共感的傾聴とは、相手の言葉や感情を真剣に聞くことです。これにより、相手の立場や気持ちを理解し、信頼関係を築くことができます。同時に、自分の意見や感情を明確に伝えることで、相手に理解されやすくなります。こうして得られる相互理解は、円滑なコミュニケーションと効果的な問題解決をもたらします。

医療の現場においても、共感的傾聴は非常に重要です。患者さんや同僚の話をしっかりと聞くことで、信頼関係が深まり、より良い治療やチームワークが実現します。特に医師やスタッフの採用において、このスキルを持つ人材は貴重です。共感的傾聴を習得することで、患者さんの不安を軽減し、チーム全体のパフォーマンスを向上させることができます。

共感的傾聴の重要性を理解し、それを実践することで、職場の雰囲気や患者さんとの関係が大きく改善されます。このスキルを持つ候補者を積極的に評価し、クリニック全体の質が向上するでしょう。

PAGE TOP