2024.07.02 「ポジティブな言葉の力」

皆さんこんにちは!
「7つの習慣」の第1の習慣「主体性を発揮する」、特に「ポジティブな言葉を使う」ことについてお話しします。

言葉には大きな力があります。「これは無理だ」ではなく「どうすればできるか」を考えるだけで、私たちの意識と行動が変わります。ポジティブな言葉は、困難な状況でも前向きな姿勢を保ち、解決策を見つける助けとなります。

また、職場で前向きな言葉を使うことで、チーム全体の士気が高まり、協力して問題を乗り越えることができます。

今日から、「できない」ではなく「どうすればできるか」を意識して使ってみてください。小さな変化が大きな成果につながります。

皆さんが主体性を発揮し、前向きな一日を過ごされることを期待しています。

この原則は、医師やスタッフの採用にも応用できます。ポジティブなコミュニケーションを推奨することで、候補者はより自信を持ち、組織への参加意欲が高まります。面接の際に、ポジティブな言葉を使うことで、応募者が持つ可能性を最大限に引き出し、より良いマッチングを実現できるでしょう。

前向きな言葉を使う習慣を身につけることで、職場の雰囲気も向上し、全体的なパフォーマンスが向上します。これにより、職場の魅力が増し、優秀な人材を引きつけ、保持する力が強化されます。

PAGE TOP